三原由宇出張写真室

2019年7月10日水曜日

尾道 18:58

  
 

家で仕事。
気が向いて古いマニュアルの50mmを付けて花を撮ってみたり。
仕事では使わないけど、輪郭がかすかに溶けたような写真が撮れるから手放せない。
  



2019年7月9日火曜日

東海道本線三島駅 10:11

  
 

 
のんびり尾道に帰る。
 
大垣で乗り換えの時間待ちの間に、駅近の古ぼけた昭和の家並みが残る一角をひとめぐり。
 
この街並みはいつまでこのままでいられるだろう。おそらくほとんどが空き家だろう。
 
いずれ消えゆくとわかっているからこそ、そこにあるものを大切に愛でたい。
 












2019年7月8日月曜日

富士急バスタウンスニーカー中央循環いちやまマート 16:39



 
 
 
スーパー(いちやまマート)で夕食の惣菜などを買い込んでバスに乗る。
富士吉田は下界に比べて涼しいのにスーパーの中はさらに冷えていて、長袖のシャツは夏の撮影に欠かせないアイテム。
 
富士吉田まで来たのは結婚式を2週間後に控えたカップルの前撮り。ホテルの写真室だとデータをすぐにもらえないらしい。なので僕にご依頼いただいた。撮ったその場でJPEG全データを渡すフォトグラファーはあまりいない。 
 
 
 
色打掛、ウェディングドレス、カラードレスと、3パターンの前撮りを撮影するのは久しぶり。ホテルの庭園やチャペルが広く、背景がたくさんあったのでさほど苦労せずに撮れてよかった。十分満足していただけたと思う。
  
撮影しながら聞いてみると二人の日常には喧嘩が絶えぬらしい。しかしそれでも一緒に暮らしてゆこうと思うのであれば、なんの問題もない。
 
二人の末長い幸せを願って止まない。結婚おめでとう。
 
 































富士急行三島駅南口 7:25

  
 
 
 
前撮りの撮影に富士吉田まで。
三島から河口湖行きのバスに乗る。市街を抜けるバスの窓から、登校する高校生が群れをなして歩いているのが見える。白いシャツが眩しい。 
 
どこの町にもある朝の日常風景がとても愛おしい。僕にとっては観光名所を訪ねるより、その光景を眺めているほうがずっと楽しい。
 
河口湖駅に着いたら、富士急行線に乗り換えて富士山駅まで。そこからさらにコミュニティバスで本日の撮影場所へ。