三原由宇出張写真室

2016年11月30日水曜日

神奈川中央交通氷川神社前 15:23

  
   
本日の撮影終了。六歳と三歳女の子の七五三。そして昨年はママのお腹の中にいた赤ちゃんが初参加。
いつものように遊ぶが、女の子相手だと男子と違ってスローペース。肉体的な疲れが少ない気がする。彼女らは散った山茶花の花びらを拾っては「ほら見てー」とかわいい。男子だとこうはいかぬ。男の子を持ったママはタフにならざるをえないだろう。
 
神社の手水が冷たい。境内のイチョウの葉も半分くらい落ちている。帰りの電車で、今日で11月も終わりということに気がついて、ホームページの2月のスケジュールをアップする。今年もあと一ヶ月。怪我、病気のないようにしたいと思う。いくらお金やモノがあっても健康に勝るものはない。
  
  
Sagamihara, Kanagawa pref 3:23pm
  
Today’s session was over. “Shichigosan” photo of 6 and 3years old girls with their young baby sister.
The sisters are so cute picking up the petals and showing me. They play more elegantly than the boys. Why the boys cannot play like girls?
  
 

2016年11月29日火曜日

南千住駅東口の街路樹





 
南千住駅東口の街路樹。モミジバフウと思われる。
街灯に照らされて見事な色であった。が、立ち止まって見上げる人はいない。
僕は、こういう誰も注目しないものを見つけてはひとりで満足する、ネクラな人間である。
 

京浜急行電鉄大師線鈴木町駅 16:21

  
  
本日の撮影終了。三歳女の子の七五三。
神社に行く前にご自宅でも撮影したのだが、十ヶ月の赤ちゃんのご機嫌が悪く、ずっと抱っこだったのが残念であった。
次女はただでさえ写真が少ないのに、と言うと「そうなんですよ!」とパパとママが同時に答えた。 
 
京急鈴木町駅の北側には味の素の大きな工場がある。付近には同社の「うまみ体験館」なる施設もあってちょっとのぞいてみたくなった。知らない街を歩くのは楽しいものである。ちなみに駅名の「鈴木町」は、味の素創業者の名前に由来しているそうだ。
http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2015_04_24.html
  
  
Suzukicho station, Kanagawa pref 4:21pm
  
Today’s session was over. “Shichigosan” photo of 3years old girl.
Before going to the shrine, I had shooting her young sister in the home, but she kept crying without her mother. That was a shame.
  
The big factory of Ajinomoto.co is neighboring the station. I find the facility for the products of that company. It looks interesting. I feel fun to walk around strange place.

  


2016年11月28日月曜日

東京都世田谷区用賀 16:24


   
本日の撮影終了。二件目はエンゲージメントフォトであった。
二人は幼稚園と小学校の同級生だそうで、公園に行く前に母校である小学校の校庭で撮影した。(撮影許可は二人に取ってもらった)
  
放課後の校庭では子どもたちが遊んでいる。邪魔にならぬような場所で二人の写真を撮っていると、当然「ねーねーなにしてんのー?」と子どもたちが集まってくる。
こういうときは逆にチャンスで、子どもたちを入れて写真を撮る。二人を真ん中に手をつないでもらって「駆けっこよーいどん!」と写真を撮ると、学童保育の先生らしき人から、子どもの顔が分かる写真は撮らないでくださいと言われた。一緒に走った子どもたちも笑顔のいい写真だったので残念。なにかと写真を撮りづらい世の中になった。
  
  
Tokyo 4:24pm
   
Finished today’s all sessions. The engagement photo on the 2nd session.
They are the childhood friends when they were in the primary school. Then I took their picture in that school.
 
In the schoolyard after school, many kids were playing here and there. They came curiously and asked “”Hey, what are you doing?” when I was shooting.
They gave a chance to make a good scene! I made them grasp hands each other, then rush to the camera. It was nice pictures, but the teacher told not to shoot the kids’ face… Today’s society lead us not to take pictures easily.

 

西武バス平林寺 12:11




  
一件目の撮影終了。五歳と二歳兄弟の家族写真。
あいにく弟くんがご機嫌悪く、撮影時間のほとんどを抱っこで過ごしたママはたいへんだったろうと思う。
  
お寺の境内は紅葉が見事で、しばらく眺めていたくなるほど。そのおかげでカメラを手にしたご老人たちが次から次にやってくる。たいてい四、五人くらいのグループである。彼らは口々に紅葉を褒め、さかんにシャッターを切る。一人静かに紅葉を鑑賞するのはなかなか難しい。
  
   
Niiza, Saitama pref 12:11pm
   
Today’s first session was over. Family photo of 5 and 2years old brothers.
  
The leaves have been turned beautiful colors. Red, orange, and yellow. Many old people come and take pictures under the trees. Why they form groups? I never find the old people who enjoy the leaves alone. If I grow older, I will never hang out with others.
  
  

2016年11月27日日曜日

京成電鉄京成本線大神宮下駅 17:00


  
本日の撮影終了。五歳男の子の七五三。
途中で泣かれてしまって、ほとんど撮れず。申し訳ないことであった。
 
ただ遊んでいればいい撮影とは違って、七五三では参拝風景や社殿の前での記念写真など、定型的な写真を撮らなければならない(と思ってるだけかもしれないが)のが、時として撮影を難しくさせる。
年に数十件の七五三を撮るから、たまにはうまくいかないこともあるだろうと思ってみるが、撮れないとやはり悔しいものである。
 
 

東急電鉄田園都市線用賀駅 13:47


 

二件目の撮影終了。八歳女の子の家族写真。
広い公園を走り回る彼女を追いかけて全力疾走。だんだん体が追いついていかない年齢になってきたのを実感する。
 
彼女は一歳の頃から撮ってきた。僕が写真を撮っているとパパは傍でビデオを撮っている。何年か前にご自宅で、撮りためた映像を焼いた何十枚ものDVDを見た記憶がある。今日の映像もその中に収められるのだろう。積み重なる時間の重さを思う。
 
 

東急電鉄田園都市線溝の口駅 11:57


 
一件目の撮影終了。三歳女の子の七五三。
はじめは緊張していたが、少しずつ馴れてくれて助かった。
  
朝10時の神社には、七五三にお宮参りで、3組の家族がそれぞれ出張撮影のフォトグラファーをともなって現れた。僕を含めると4組が同じ境内で撮影している状態である。
間近で同業他者の仕事ぶりを観察できる機会はあまりないから、お客さんの撮影の合間にちらちら見ながら観察。声かけ、間の取り方、撮影スタイルは人それぞれ違うものだなあと思った。
同じようにはできないが、いいなと思うことは取り入れたい。子ども写真撮ってるいろんな人の撮影風景を見てみたいものである。
 
 

2016年11月26日土曜日

東京都交通局東武浅草駅前 16:02


  
本日の結婚式撮影終了。お昼過ぎまで素晴らしい青空で、みなさん満足しておられた。
 
お支度のあと、ホテルの中で撮影できるということなので介添えさんに案内してもらう。連れて行かれたのはエレベーターホール。たしかに大きな花器があるものの、二人がその前に立つと隠れるし、殺風景すぎてパス。人の出入りもあって落ち着かない。「みなさんここで撮ってますけど」と不思議そうに介添えさん言う。式場のセールストークである『うちのカメラマンのほうがよい撮影スポットを知っている』は、あまりあてにならないと思った。
  
結局、自然光が入る親族控室まで行き、椅子を動かしてスペースを作り、ダウンライトを消して撮影した。なるべく手早く撮ったつもりだけど、介添えさんには嫌がられたかもしれぬ。
 
エレベーターホールより、こちらのほうがよほどいい写真になりそうだが、提携先の写真屋さんが控室の椅子を勝手にどけたりするのは、できないだろうな…。
 
 


2016年11月25日金曜日

東武鉄道東上線川越駅 13:50

  
  
本日の撮影終了。四歳男の子の七五三。
はじめは目すら合わせてくれなかったが、途中からなんとか馴れてくれた。
  
撮影後に銀座に出てニコンのサービスセンターへ。
銀座六丁目の松坂屋建て替え工事が終盤にさしかかってきた。前より一回りビルが大きくなって空が遠くなった感じがした。四丁目の日産ビルも新しくなり、銀座は毎年何かしら変わってゆく。会社員時代に市場調査と称して銀座コアビルの書店へ行き、デザインや写真の本を眺めていた頃が懐かしい。収入は安定していたが、気持ちは落ち着かなかった。今の仕事のほうが精神的には安定している。経済的には不安定極まりないけれど。
  
  
Kawagoe station, Saitama pref 1:50pm
  
Today’s session was over. “Shichigosan” photo of 4years old boy.
At the beginning of the session, he was very shy and didint make eye contact, then he got be friendly.
  
After the session, I went to Ginza. This area where I worked in a company by 12years ago is changing its townscape every year. When I was office worker, I often skipped my job going to the book store to read the books of the design or photography. It was comfortable days, but I was not satisfied. Now I’m happy to walk on the street of Ginza without business suit.
 
 


2016年11月24日木曜日

東海道本線富士駅 17:07


 
 
  
 
東京へ。ホームで電車を待っていると底冷えがする。
今日はもう先を急ぐ必要はないので、東京まで各駅停車で行く。
明日から10日間の東京暮らし。今週末のお天気がやや気がかりである。
 

静岡県富士市本町 16:32 

  
  
本日の撮影終了。二件目は生まれたて3週間目の赤ちゃん。
パパとママが、珍しい、というほどよく寝ていてまったく起きなかった。
ニューボーンフォトにはもってこいの状態なのだろうけど、僕はそれは撮れない。ただ仰向けに寝ている子を撮った。新生児はどこか別の星の生き物みたいだなと、撮りながら思う。
 
  
Fuji, Shizuoka pref 4:32pm
  
Finished today’s all sessions. The second session is the photo of 3weeks new baby. She was sleeping well.  I don’t make a pose to the new baby. I only taking pictures which she sleep while I thought the new baby might have come from another planet.  
  
  


東海道新幹線新大阪駅 12:00


  
 
静岡へ。
外は寒いが電車の中は暖かい。したがって眠い。
 

京阪電気鉄道京阪本線光善寺駅 10:51


 
  
一件目の撮影終了。ご自宅でのマタニティフォトであった。
予定日は再来週。撮影の間にも大きなお腹が動いていた。元気な男の子であるらしい。

ネットで東京の早い初雪のニュースが流れる。
気がつけば一ヶ月後はクリスマスで、年末が見えてきた。たまった仕事は一向に片付く気配がない。お客さんには申し訳ないのだが、片付かなくてもそれほど焦る気持ちにならないのが困る。なんとかなるだろうと、ぼやぼや考えながら駅まで歩く。
 
  
Kozenji station, Osaka pref 10:51am
  
First session was over. Maternity photo in her house,
Her new baby’s expected date is after the next week. The baby inside of her was sometimes moving and lively. I wish she will have an easy delivery.
  
In Tokyo, they got the first snowy day. I have just one month in this year!
God help me to be done with my piled tasks.
  



山陽本線尾道駅 6:24



  
大阪へ。
平野部の山々も紅葉している。秋も終わりが近づいた。
しかし、どうも今年の紅葉はくすんでいるというか、色が悪いような気がする。写真なら彩度を上げればよいので問題ないのだが、なんとなく気になる。
 
 
Onomichi station, Hiroshima pref 6:24am

Trip to Osaka.
The mountains where I see from the train has been turned their color. However the colors may be not so good compared with every year. I don’t know the factor, but I’m conscious of it.

2016年11月23日水曜日

宇部市交通局八幡宮 15:41




  
本日の結婚式撮影終了。
雨にも降られず、境内の紅葉はきれいで、よい結婚式であった。
 
バスで宇部新川駅まで出て宇部線で新山口へ。
電車は夕陽を浴びつつ、平凡な風景の中をごとごと走る。どこかの駅に降りて電車の写真を撮りたくなる。きっと今ならいい写真になるだろう。
景色のいい路線はいろいろあるけど、宇部線のような地味な路線が個人的に好きだ。撮り鉄も来ることなく、さして注目されずに黙々と走る電車がいい。おそらく自分の性格ゆえなのだろうと思う。
 
 


山陽本線尾道駅 6:33



   
宇部へ結婚式の撮影に。

早朝の尾道駅ホームに赤い帽子をかぶった若いカップルがいる。三原駅の新幹線ホームでは赤いユニフォームを着たおばさん二人連れ、子連れの家族が「こだま」を待っている。
今日はマツダスタジアムでファン感謝デーがあるらしい。球場から広島駅まで密度の濃い長い行列が伸びている。車内から「もうあんなに並んどるよ!」と驚嘆の声が上がる。広島県民のカープ愛、かくありき。
  
http://www.asahi.com/articles/ASJCR45WDJCRPITB007.html
 
 

2016年11月21日月曜日

福岡市交通局空港線大濠公園駅 13:09

  
   
本日の撮影終了。一歳男の子の家族写真であった。
パパとママは二年半前にエンゲージメントフォトを撮影した。来年にはまた赤ちゃんが生まれるそうで、 なんともおめでたいことである。
 
パパはなかなか遊び上手で、ずっと子どもと遊んでいた。子どもが好きなんだなと思う。エンゲージメントフォトの写真が頭の中に蘇る。二年前は想像もしなかった光景が目の前にある。
  
  
さて、そのエンゲージメントフォトを撮っていたときのこと。ちょっとしたきっかけで、公園の隅っこにブルーシートの小屋を建てて住んでいる古賀さんという老人と知り合いになった。住所不定の浮浪者のようであるのだが、不思議と身なりはきちんとしていた。
  
今日もいるのかなと訪ねてみると、小屋から出てきた古賀さんは僕を見るなり「おう、あんたか」としっかり覚えていた。
古賀さんは黒いハンチング帽を後ろ向きにかぶり、黒いジャージの上下である。目つきは鋭いが、笑うと好々爺然となる。自販機でお茶を買って僕に渡すと、公園の石段に腰を下ろし、くわえタバコでいろいろ話しをしてくれた。かつて東京で不動産会社を経営していたとか、今は五人の彼女と付き合ってるとか、そういう話。もともと東京の人であるらしく、福岡弁がほとんど出ない。「今度福岡で泊まるときがあったら電話してくれよ。うまいモツ鍋屋に連れってってやっから」
古賀さんからはオーデコロンの匂いが漂う。髭はきれいに剃られており、肌つやがいい。それを言うと「オンナがいるからだよ」と笑った。
  
  
Ohori-koen station, Fukuoka pref 1:09pm

Today’s photo session was over. The family photo with 1year old boy.

2years ago, I took the engagement photo of his parents. Today I took pictures which they played with their son. I had never expected it at that time. It let me know the time has gone. It makes me exciting.
   
 



2016年11月20日日曜日

山陽新幹線新大阪駅 18:58


  
尾道へ。
下りの「さくら」自由席は満席。岡山駅で反対側に停まった上りの「さくら」は通路まで立ち客が。日曜日の夜だから空いてると思ったが、秋の観光旅行が多いらしい。9月にシルバーウィークとやらを作ったみたいだけれど、11月のほうがよかったのではなかろうか。
 

近畿日本鉄道南大阪線坊城駅 17:01



 
本日の撮影終了。五歳女の子の家族写真であった。
 
今にも雨が降り出しそうな、どんよりとした曇り空である。それがかえってよかった。色鮮やかな落ち葉や木々が映える。陽射しの向きを気にせず、どの角度からも撮れる。
落ち葉を投げたり、走り回ったりして彼女と遊んだ。無邪気に遊んでくれるのも、あとどれくらいだろう。写真はいい。こんなときもあったよね、といつか思い出ささせてくれるから。
 
 
Bojo station, Nara pref 4:35pm
  
Today’s session was over. Family photo of 5years old girl.
  
Colorful autumn leaves are so fantastic! I played with her throwing, or wallow on the leaves. It was the innocent playing. I love this. The photos will keep the her innocence for many years later.

 

那覇空港 10:10


  
奈良へ。
関空から南海で新今宮に出て、天王寺に移動して、阿部野橋から近鉄に。
天王寺駅でコインロッカーを探すと、わずかの時間差で埋まってしまった。しかたなく阿部野橋駅で駅員さんに聞くと、近鉄百貨店地下の意外な場所を教えてもらった。ノマドワーカーにとって主要駅の穴場的コインロッカーは貴重である。
 

2016年11月19日土曜日

沖縄県国頭郡本部町大浜 22:16


 
本日の撮影終了。一件目は2家族の家族写真、二件目は結婚披露パーティーであった。

家族写真は紹介によるプレゼント撮影である。
生まれ育った地元で料理屋さんを営む家族と、釣り船のオーナーさん家族。
釣り船の船長でもあるパパは代々の漁師だそうで、今はコンクリで固められてしまったかつての砂浜での撮影を希望した。
地元で働く人というのは、その土地にしっかりとした根っこが感じられてうらやましくもある。生まれた土地を離れて、ふわふわと生きてきた僕にはもうできない。
 
 
夕方からの結婚披露パーティーはあいにくの雨となり、予定していた砂浜でのサンセット撮影ができなかったが、のんびりとゆるい感じの良いパーティーであった。
会場は、備瀬(びせ)という集落の古民家を利用したレストラン。座敷で座布団に座り、友人たちとアグー豚の焼肉やしゃぶしゃぶを囲む宴会は楽しそうで、カメラを置いて一緒に飲みたくなる。おそらく顔に出ていたのだろう。ゲストの方から「カメラマンさんも飲んだら」と誘われたが、ひと口でも飲むと那覇に帰れなくなるのでがまん。撮影終わって本部から那覇まで2時間ひたすら運転したら、いつものバーに行ってハイボールを飲むのだ。
 
  
Motobu, Okinawa pref 10:16pm
    
Today’s photo shooting was over.
The wedding reception was held in the restaurant which was arranged an old traditional house. They enjoyed tasty meals and drinks. I wanted to take part in that party leaving my camera. But I could not do. I would take 2hours long drive to Naha which is necessary.
I shall drink a glass of whisky and soda at the regular bar!