三原由宇出張写真室

2016年12月31日土曜日

尾道 16:59

   
  
今日も発送作業。
30件ちょっとの納品を一度にやっているが、一日で終わらない。
今年の撮影件数を数えてみたら、結婚式、子ども写真合わせて290件ほどになった。今年から始めたスナップライトプラン(画像処理なし)の件数が増えてくれたら、もうちょっとラクになるかなと思う。
   
仕事は続くが、今年も終わり。いつもプリントをお願いしている写真屋さんに顔を出して挨拶した。来週にはまた顔を合わせるだろうけど、大晦日で一年の区切りをつける日本の文化は好きだ。
今年も大過なく過ごせたことに感謝である。ありがとうございました。
 
  
Onomichi, Hiroshima pref 4:59pm
 
I kept doing delivery work today. The end never come.
 
I went to see the last sunset of the year 2016.
Thanks to what I’ve not got big trouble in this year, and I hope my friends and customers will have a happy and healthy life next year, too.
Thank you.
 

2016年12月30日金曜日

尾道 17:38 


   
発送作業を何件か終わらせて、プリントの受取りと買物へ。
  
大晦日の明日も発送作業を続ける。おそらく元旦も。ほかにやりたいこともないから不満はない。
元旦に朝からお屠蘇代わりのお酒を飲むことだけが楽しみで、毎年同じような地味な正月を迎える。それが自分にとっての幸せなんだろうと思う。
 

2016年12月29日木曜日

広島県三原市沼田東町 11:18


  
本日の撮影終了。もうすぐ一歳の誕生日を迎える女の子。
ぐずり始めたところでレンズの裏蓋を渡すと、嬉しそうに遊び始めた。
赤ちゃんはレンズフードやキャップより、裏蓋のほうに興味を持ってくれる。ニコンのレンズ裏蓋は黒しかないが、もしどこかの会社がピンクやイエローといったカラフルな裏蓋を出してくれたら100個くらいはまとめて買うだろう。

これで今年の撮影はすべて終了。北海道から沖縄までいろんなところに行けた。来年もまた変わることなく、どこか見知らぬ町で写真を撮りたい。
 
 

 

2016年12月28日水曜日

東海道新幹線東京駅 16:01


 
尾道へ。
新幹線に乗る前に、銀座へ寄り道。
  
10年会社勤めをした百貨店が今年いっぱいで業態転換する。来年から社名が変わり、現在の社員の多くは会社を去るらしい。かつて担当した売場は数年前にテナント貸しされており、すでに郷愁もなにもないのだが、お世話になったのは間違いない。
一社1店舗で、おそらく伝統的な百貨店とは少し違った個性的な店であり、それが顧客だけでなく、働いている者にとっても魅力であった。百貨店という業態の衰退が言われて久しいが、収益重視でテナントに頼り、逆に没個性となって顧客離れを招くという循環に陥っているのだろう。
 
店に入ると、どのフロアも買物客でごったがえしていた。大きなカメラバッグを提げてうろうろできるような状況ではない。上から下までひと通り見てから出ようとすると、ぽんと肩を叩かれて「久しぶり」と先輩社員に声を掛けられた。
 
 



 

埼玉県鴻巣市本宮町 13:50





 
本日の撮影終了。七歳女の子と五歳男の子の七五三。
とにかく風が強すぎた。風が強いのは撮影にとって大きなマイナス要因だ。寒くても(たとえ雨でも)風がなければある程度はしのげる。雨より風のほうが大敵。
  
鳥居に掛けられた注連縄が真新しい。神社の境内には正月飾りを売る店が出て、年末の雰囲気が漂っている。玄関に飾る注連縄や門松は地方によって違いがあるので、眺めているだけで興味深い。
今年も残り三日。何かと気ぜわしいが、できるだけのんびりやりたい。というわけで、ぎりぎり間に合いそうだった電車を一本やり過ごして、次の電車に乗る。
 
 

東海道本線三島駅 9:16


  
  
埼玉県鴻巣市へ。晴れて風強く寒い。
「素寒貧」という言葉が頭に浮かぶ。フトコロは常に寒い。
 
今年の撮影も大詰めであるが、それで終わりというわけではない。
考えてみれば来週もまた出張があるし、画像処理は昨年2015年のぶんがまったく片付いていない。
 
太平洋はとてつもなく広いが、船で横断しようとすればアメリカ西海岸というゴールがあるだけいい。僕の仕事はどれだけ画像処理や動画編集をやっても終わりがない。

 
東海道本線根府川〜早川 9:56 

2016年12月27日火曜日

北陸本線敦賀駅 16:42

  
 
今日の宿泊地、三島まであと7時間。
金沢から、ときどき睡魔に負けながらもずっと仕事している。電車の中をメインの仕事場にしている人はほかにおるまい。18きっぷの季節なら一日あたり2370円である。冷暖房つき。
 
それにしても北陸にはまったく雪がなかった。暖かい日が続いたからだろうが、この時期としては珍しいことではなかろうか。
 
 
北陸本線近江塩津駅 17:23



 
東海道本線島田駅 21:59

七尾線宇野気駅 14:07

  
  
本日の撮影終了。不動産会社のホームページ用素材写真撮影であった。
4時間の間に30シーンほど撮影。担当者さんは香盤表まで作っておられた。
 
途中からWEB制作会社のデザイナーさんが参加してくれて助かった。はっきりディレクションしてくれたほうが撮りやすい。こちらでクライアントの意図を推測しつつ撮るのはおぼつかないものである。
  
広告系の写真を撮ることはほとんどないのだが、いつも正解の見えない写真を撮っているような気持ちになる。たいていのクライアントはいつも「とりあえずいろんなカットを」と希望されるが、何枚撮っても不安になる。広告写真を本業にしているフォトグラファーはどうやって正解の一枚を撮っているんだろうか。すごいなあと素直に思う。
 

北陸本線敦賀駅 5:37


 
七尾線の宇野気へ。雨降り。
北陸線の小さな駅のホームには屋根がない。人が乗ってくるたびに床に水の筋が引かれてゆく。
それにしてもよく起きれたものだ。眠い。
 

2016年12月26日月曜日

東海道本線早川~根府川 14:18


  
敦賀へ。
 
北陸線の長浜駅から乗った敦賀行きの電車には、夜10時過ぎにもかかわらず受験生らしい高校生がたくさん乗ってきた。塾が終わったのだろうか。
会話を聞いていると勉強のことばかり。年が明ければセンター試験である。入試の結果で人生が決するわけではないが、今の彼らにとってはそれが全てであろう。
 
僕は高三のとき、親に内緒で取り寄せた東京の写真専門学校のパンフレットが見つかって怒られた思い出がある。大学に行かず、高卒でその道に進んでいたら今はどんな写真を撮っていただろう。それともさっさと挫折して、また違うことをしていたか。
おそらく僕はこれからも、ふらふらと生きてゆくことだろう。
   
 

横須賀線衣笠駅 12:49


   
本日の撮影終了。五歳男の子の七五三。
緑の少ない(正確に言うと、殺風景な)小さな神社で、近くに公園もなく背景をつくるのに苦労した。
 
撮影を終えて機材を片付けていると、ママがスマホで男の子の写真を撮り始めた。自分でも撮っておきたかったのだろう。ちょうど神社の階段で遊んでいるところであった。すると「あ、いいのが撮れた!」と声を上げ、嬉しそうに子どもが笑う画面を見せてくれた。
おそらく僕が撮ったものより、ママにとってはそれが本日のベストな写真になりそうな気がした。フォトグラファーであっても、他人が撮った写真より自分がシャッターボタンを押した写真のほうが何倍も愛着が湧くだろう。
僕の、フォトグラファーとしての存在意義などあまりないのだが、それでも常にいい写真を撮ろらなければと思う。手作りの料理もおいしいだろうけど、たまに町のレストランで食事するのもよいものだから。
 
 
Kinugasa station, Kanagawa pref 12:49pm
 
Today’s session was over. “Shichigosan” photo of 5years old boy.
  
After the session, the mom began to take her son’s pictures. I guessed she wanted to take by herself, too.
The kids were just playing at the stairs in the shrine. Soon, “I got nice pic!” She said happily and showed me her smartphone.
I thought that it would be the best shot for her.
Because it would be sure that everybody was strongly attached the pictures which they took by themselves.
Nevertheless I want to take good pictures.
Why the neighboring restaurants are exist, even though we can cook by ourselves?
 
 

2016年12月25日日曜日

福岡空港 17:29

  
  
東京へ。
福岡空港は現在大規模改築工事中。3階にあったはずのカードラウンジがいつの間にか1階に移設されていて、ビル内を行ったり来たり。
 
チェックインカウンターの前では、JALとANAの地上職員がサンタクロースのコスプレをしてそれぞれ即席のフォトブースを作り、子ども連れの家族を呼び込んでいた。
こういう機会を逃してはならぬ。(あざとくブログのネタになると思った)僕は彼らと一緒に写真を撮ってもよいかと尋ねてOKをもらう。
D750を取り出し魚眼レンズに付け替える僕を見て若干引き気味になる女性社員二人。だがもう止められぬ。半ば強引にフレームに収まってもらった。
JALさんありがとう。そしてメリークリスマス。

 
Fukuoka Airport 5:29pm

Flight to Tokyo.

In front of the chek-in counter, the ground attendant of the airline cosplayed Santa Claus, and made a photo booth for the families with kids. It’s good enough for me! I thought.
They seems to be a little turnoff but I don’t care. I could get a nice christmas picture!
Thanks to JAL staffs, and Merry Christmas.
 
 

福岡市交通局西新駅 15:07

  
  
本日の撮影終了。西新にあるレンタルドレスのお店から志賀島の志賀海神社まで行き、参列者のいない二人だけの挙式を撮影。
予報とはまったく違う好天に恵まれた。
 
挙式で指輪と腕時計を交換する予定であったが、新婦さんが指輪をお店に置き忘れてくるというハプニング。そこで、挙式のあとお店に戻ってから指輪をはめるシーンを撮ることにした。
お店のスタッフがここで撮ってくださいと入口の脇を指定するが、グレーのべったりとした壁を背景にしていい写真になるわけがない。思い切って二人を近くの商店街まで連れ出した。
背景は雑多な商店街である。二人を立たせてからもっときれいな場所を探すべきだったかと一瞬後悔したが、そのまま往来の真ん中で指輪交換してもらった。
寡黙にしてほとんど笑わぬ新郎さんはこのときもまったく表情を変えなかったが、終ってからこのシーンが一番楽しかったと言っていただいて、ちょっと報われた気がした。
  
 
Nishijin station, Fukuoka pref 3:07pm
  
Today’s wedding photo shooting was over. Wedding ceremony was held in the shrine located near the sea. It was beautiful winter day.
  
It often happens some troubles in a wedding day. Today, the bride forgot bringing her wedding ring. She noticed and laughed mistake of herself in the shrine.
The solution was simple. We make another chane to take pictures of the scene setting the ring into her finger after return to the dress shop.
However I cannot the nice spot in the shop. I take them out to neighboring town street. That background was motley, not beautiful. I regretted a bit that I should look for more pretty location, but I shouted there.
Aftre the shooting the groom who was very reticent told me that he enjoyed that scene in his wedding day. I was happy to hear that.
 



2016年12月24日土曜日

福岡市中央区荒戸 17:11



 
日本人にとってクリスマスとは単なるお祭り騒ぎのようなイベントに過ぎぬ。日本人には正月があるではないか。したがって今夜は惑わされることなく、黙って焼酎と泡盛を飲めばよいのである。メリークリスマス。
 

西日本鉄道宇美八幡前 15:42


   
本日の撮影終了。お宮参りであった。
今日の福岡の最高気温は11℃。風もなく年末のこの時期にしては比較的暖かく感じた。
  
お客さんはクレジット払い希望だったので、いつものようにカードの読取り端末を取り出すと、パパがそれに俄然興味を示しだした。聞くところによると、飲食店を経営されているそうで、現状のクレジットカードの読取り端末に不満があるそう。「ときどき線のつながらんことがあっとって」
有線LANみたいなものでクレジット会社と繋がっているようだが、操作に手間取ることが多いらしい。僕はスクエア社の回し者ではないが、便利なことは承知しているのでおすすめしておいた。
技術の進歩は早いから、そのうちもっと便利な方法が現れるのかもしれないが、できればもうちょっと手数料が安くなってほしいものである。
  
  
Umi, Fukuoka pref 3:42pm
  
Today’s photo session was over. It was “Omiyamairi”.
The temperature in Fukuoka was 11℃(52°F), not windy and feeling warm.
 
I accept the credit card for payment. The terminal unit is installed with the smart phone. It’s very small and useful.
Baby’s parents payed the session fee by credit card. When I took the terminal unit which read the card, the daddy showed interested in it.
He complained about the another terminal unit connected wired LAN which he use in his restaurant. He said it often got some troubles on its connection.
I’m satisfied with my terminal, hoping the commission fee will be discount.
 
 


那覇空港 9:59(JTA052 那覇→福岡)






  
  
福岡へ。
今日明日は福岡→神奈川→石川→埼玉、と移動が続く。飛行機電車と乗り物三昧の毎日で嬉しい。
  
ボーディングブリッジの窓から機長さんがサンタクロース帽をかぶっているのに気がついてカメラを出す。アピールすると手を振ってくれた。子ども向けのサービスかもしれないが、僕には十分楽しい。都会の電車やバスの運転士も同じようにやってくれたら、ちょっとは朝の空気が和むんじゃないかと思うが…JRや私鉄各社さん、いかがであろうか。
 
  
Naha airport 9:59am (JTA053 Naha to Fukuoka)
  
Flight to Fukuoka.
  
The captain pilot put the Santa Claus cap on his head! It was nice direction for the passengers. I hope the driver of the trains and buses will do same thing! It will be fun.
 

2016年12月23日金曜日

沖縄都市モノレール旭橋駅 18:20


   
本日の結婚式撮影終了。
久しぶりに沖縄の結婚披露宴であった。余興につぐ余興と、結びのエイサーとカチャーシー。撮っているほうも楽しいくらいに盛り上がるが、内地の人が同じように真似しようとしても難しいだろうなと思う。
  
送賓後にロビーにある大きなクリスマスツリーの前で両家の家族写真を撮りたいという新婦さんの希望で移動する。だがあいにく、ロビーに隣接するテラスでは別のカップルの挙式が始まらんとするところ。躊躇していたらその組のキャプテンが気を利かせてくれ、挙式開始後にタイミングを見計らって撮影させてくれた。お礼を言うと、彼は言った。「一生に一度のことだからね~。撮らせてあげたいじゃないですか」
素晴らしい。ほかの式場の人にも聞かせたいくらいの台詞。ロワジールホテル那覇にて。
  
  
Asahibashi station, Okinawa pref 6:20pm
  
Wedding photo shooting was over.
The wedding reception of Okinawa is a little different from that of Japanese main land. It’s exciting and fun to shoot. They dance together in a rhythm of Okinawa drums.
  
Today I met a respectable hotel staff. He allowed me to take special shot after the reception.
The bride hoped to take a photo of both families in front of the big christmas tree setting in lobby of the hotel. However another couples began to hold their wedding ceremony at that time.
He gave me a chance to shoot in a short time. I said thanks to him, then he replied “Today is special in her life. I want her being satisfied with shooting, you know?” Sounds great!
 
 

2016年12月21日水曜日

JAL2087 大阪(伊丹)→那覇 14:24




  
  
帰省ラッシュにはまだ早いのか、思いのほか機内は空いていた。
 
持ち込んだ仕事は子ども動画の編集。一件あたり5分程度の収録時間であるが、編集して、写真も混ぜてスライドショーにするまで手間がかかる。なぜ動画撮影をやろうと思ったのか過去の自分を問い詰めたいくらいだが、たまにくすっと笑えるシーンがあったりして、やはり動画も撮っておいてよかったなと思う。
 

山陽本線尾道駅 11:47

  
  
那覇へ。今日から8日間の旅。
この二、三日暖かい日が続いている。過ごしやすいが、持って行く服をどうしようか迷う。沖縄からそのまま福岡、東京へと移動する。冬のコートでは暑くなりそうだが、予期せぬ寒さに震えるよりはいいだろう。
   
朝から年賀状用の写真を撮り、30分でデータ作って印刷会社に入稿した。毎年写真変えるだけの同じデザインで省力化。これで旅から帰ってきたら宛名書きできる。元旦には間に合わないだろうが仕方がない。面倒くさいが年賀状は出さないより出したほうがよいと思う。
 

2016年12月20日火曜日

尾道 14:51


  
発送作業二日目。もう一日欲しいが、明日は移動日である。
 
年賀状をまだ作っていない。家にいる間に年賀状用の写真を撮ろうと思っていたが、今日はミチコさんが髪を染めることになり、明日に持ち越し。
午前中に自動車保険更新の電話が来る。年が明けたら車検を通さねばならぬ。駐車場代も払わねば。あとでコンビニに行って国民健康保険の支払いも。お金は常に右から左へ流れて留まることを知らず。
そういえば今年一年の交通費宿泊費の合計は、軽く世界一周旅行ができるほどであった。
 
 

2016年12月19日月曜日

尾道 16:22

  
 
データ整理と発送作業を進める。

RAWデータを保存するHDDはどこまで増えるのだろう。昨年、今年ともに一年間のデータ量は約6TBになった。これが限界か。撮影件数はこれ以上増えることはないだろう。
しかし、機材を更新することによってファイルサイズが大きくなる可能性はある。動画撮影はまだ2Kで行っているが、これを4Kにするとさらにデータ量が増えることになる。写真はD750の2400万画素だが、これ以上に増えて欲しくないし必要ない。
 
ニコンさん…ニコンの開発スタッフさん…今、あなたの心に直接呼びかけています…高感度画質と、DRを改善するのです…もう画素数上げなくていいから…
 

2016年12月18日日曜日

山陽本線姫路駅 20:33

  
  
尾道へ。
大阪から電車の中でひたすら仕事している。飲んではいないが福山に着いたら飲むだろう。仕事がたまってるから岡山から飲み始めるようなことはしない。


Himeji station, Hyogo pref 8:33pm

Back to Onomichi.
I’m working in the train. No drinking. It’s important thing for me. My tasks will be got grate progress in this night.