三原由宇出張写真室

2020年2月14日金曜日

鹿児島本線八幡駅 17:29




 


 
神社の西側は小高い丘になっていて、立ち並ぶ杉の木の隙間から細い光が差し込むも、社殿は薄墨のような日陰の中にある。
 
二ヶ月半になる赤ちゃんは、やや眠そうだったが、ぐずることもなく無事に撮影を終えられた。 
 
 
 
パパとママの会話を聞くに、九州人ではないだろう関東方面の人かと思って聞くと、意外や加古川と大阪の人であった。夫婦間では関西弁だが、この地で他人と話すときは標準語になるという。
 
さては転勤族でいつかは関西に戻るのでしょうと問うとさにあらず。パパは当地の会社に就職したとのことで、ここで暮らしてゆくらしい。
 
となれば赤ちゃんはこれから北九州弁と、資さんうどんの味を覚えて大きくなるのだろう。
 
新しい九州人の誕生おめでとう。
 
 
 
八幡から在来線で徳山まで行き、(各駅停車だと今日中に帰れないので)新幹線に乗り換え。
 
乗り換え時間は10分。駅のコンビニで酒とつまみを調達し、みどりの券売機で特急券を買い、エスカレーターを駆け上がって発車ベルが鳴るホームから「こだま」に飛び込む。
 
かなり焦ったが乗ってしまえばこっちのものだ。ゆっくり飲むとしよう。