三原由宇出張写真室

2020年2月2日日曜日

東京地下鉄東西線南砂町駅 12:30




 

今日が誕生日だという二歳の女の子。
 
昨年はお邪魔した早々に泣かれてしまったが、今年はどうだろうか…
https://miharayuu-monophoto.blogspot.com/2019/02/1212.html
  
 
どきどきしながら顔を合わせると、保育園通いで人見知りが解消されたのだろうか、泣かれることなく遊び始める。途中から遊びのギアを上げると受けたらしい。たくさん笑ってくれてよかった。
 
 
公園で今日が初めてというストライダーでひとしきり遊んだあと、家に帰る。
 
するとパパがお食い初めに使うような小さなお膳に赤飯や吸い物などをよそい始める。これはお手製の誕生日祝い膳!なんとまあ、立派な尾頭付きの鯛の塩焼きまで出てきて僕は感嘆した。 
 
「おいしー」とパパががんばって作った料理を無邪気に食べる女の子は、今日の誕生日のことを覚えていることはたぶんないだろう。けど、覚えててほしいなあと写真を撮る僕は思う。
 
こういうのがたぶん「幸せ」というものなんだ。