三原由宇出張写真室

2020年7月25日土曜日

東海道本線三ノ宮駅 10:37

 
 
 
 
ホテルで朝をのんびり過ごして尾道に帰る。
 
久しぶりに三宮駅前に出たから初めて気がついた。阪急三宮駅の変わりように。
 
マルーンカラーの電車が出入りしていた瀟洒なビルは、ロボットみたいな高層ビルになっていた。
 
かつてのモダンな外観はイラストのように再現されて、ガラスと鉄の棒の足元にまとわりついている。
 
梅田の阪急百貨店もそうだったように「古き良き」というものがあっさりなくなってしまうのが、とても寂しい。
  
手垢のついた古いものには、時間という目に見えない付加価値があるのだけど、それをありがたがるのは僕のような変人くらいなんだろう。
 
 

昼間に強い雨が降ったものの午後から天気が回復して、帰り着いた尾道では柔らかい夕空が広がった。