三原由宇出張写真室

2020年7月22日水曜日

おのみちバス東西本線山波 11:41






 
生まれて9日目の赤ちゃんはミルクを飲むと、ほどなくして寝た。撮りやすくて助かる。
 
すやすや無心に眠る寝顔はかわいい。ニューボーンフォトの撮影は癒される。
 
赤ちゃんの周りに花を散りばめると「かわいい!」とママのテンションが上がった。

 
 
撮影の合間にパパから「尾道の人ですか」と聞かれる。長崎生まれです。
 
長崎と聞いたパパは「五島に住みたいんですよ」と言う。
 
五島といっても南北に島々が連なっている。福江島とその他の島ではずいぶん違う。「コンビニとかあるんですか」と尋ねてくるあたり本気なのかどうなのかわからぬが、とにかく住んでみたいらしい。
 
 
 
東京的なイントネーションで話す彼は、ネイティブでない僕が広島弁(正確には備後弁だろう)を話すのに驚いている。「ぜんぜんこっちの言葉ですね」
  
ほうじゃろう。まあ、もともとその土地の方言に引っ張られやすいタチなんよ。大阪におったらエセ関西弁しゃべっとるし。
 
 
ちなみに尾道での僕の方言指導役は、スポーツジムの更衣室で大声でしゃべっている地元のじいさん連中。