三原由宇出張写真室

2020年7月8日水曜日

尾道 10:53

 
 
 
 
二日間降り続いた雨が上がって、青空が見えた。
 
きれいだなあというより、やっぱり安心する。
 

 
我が家は尾道水道を見下ろす千光寺山の中腹にある長屋で、斜面地だから土砂災害危険地域に指定されている。
 
つまり、雨が降って崖崩れして家が埋まる可能性がありますよ、と言われているわけです。
 
しかし、そうは言われても、それを防止するための土木工事もされていないし、どこかに引っ越すための費用が出るわけでもない。
 
 
 
先だっての熊本の水害では球磨川流域の家屋が大きな被害を受けた。
 
それに対して誰かの「住む場所を変える必要がある」とコメントがネットニュースに流れてくる。

   
まあ誰がなんと言おうが自由だし、それをネットに載せるのも自由なんだけど、そうやって世論というのは作られてゆく無責任のまま。
 
だから万一何かがあっても自己責任だと言われてしまう。
 
じゃあ、それならそれで税金を払う必要性がなくなるのだけど、そうなってくれないのはどうしてなんだろ。
 
不公平さを抱えたまま、僕はたぶんこの先もここで生きてゆく。