2018年5月3日木曜日

東京都港区芝浦 15:04






 

 
 
 
一歳の誕生日記念に選び取りや一升餅を準備していたが、肝心の男の子は寝不足のまま昼寝から目覚めたようで、ほとんど無反応。パパとママが一生懸命に声をかけるが微動だにせず、結局諦めた。
子どもはいつだって親の思い通りにならぬものだが、表情ある写真が撮れなかったのは残念である。
 

撮影終えて駅まで歩いていると、向こうから名前を呼ばれた。今までに何回か撮影した家族が歩いてくる。どこかにお出かけしてきた帰りらしい。立ち止まって挨拶して別れる。
 
全国各地に撮影した家族がいるから、近くを通るたびに今どうしてるかなと思う。
 
お代はいらないから、記念日的な何かがなくとも一軒ずつ訪ねて行って写真を撮りたい。そんなことすると仕事がなくなってしまうからやらないけど、そういう気持ちがある。僕はおかしいのだろうか。