2017年12月2日土曜日

東海道本線西焼津駅 15:39

  
 
 
 
結婚式の撮影。
中学校時代の同級生は大人になって恋人同士になり、結婚にいたる。(僕もあわよくばそんな結婚したかった)
見ていて気心知れた二人という感じがする。結婚おめでとう。
 
式場は新郎が学生時代にアルバイトしていたところだそうで、送賓後はスタッフに囲まれて拍手と花束をもう。おそらくそのアルバイトは彼の青春時代の楽しい経験であったのだろう。司会者も彼をよく知っており、最後は感極まって涙声でMCをしていた。
 
バンケットが100人くらいでいっぱいになりそうなこじんまりとした式場である。狭いながらもボリュームのある植栽がよく手入れされていて雰囲気がよい。建物もイギリスの田舎風(僕の勝手な想像)で、ロケーション撮影によさそうな場所がいくつもあった。
  
空間はとてもよいのだが、挙式前にウェディングドレス姿のポーズ写真を撮る時間がないのは惜しい。挙式入場前のわずかな時間でなんとか撮影する。
二人の前撮りは和装だったので、ドレス姿の立ち写真を残せるのは今日だけである。式場によっては撮影時間を設定してくれるところもあるが、そうでない式場では進行の合間のわずかな時間に撮らざるをえないし、撮影スペースも選べない。結婚式だからちゃんとした写真が撮れるだろうと思っていると、慌ただしい進行にまぎれて残せないこともある。
これから結婚式を予定している方は当日のスケジュールを組むときに少し気にしてみてください。