2018年6月15日金曜日

山陽本線姫路駅 11:53

  
 
 

  
稲の苗が順調に育っている田んぼもあれば、ようやく田植えを始めたところもある。麦のあとに代掻きして米を作るのだろうか。
田んぼの変化を眺めながら電車に揺られていると、毎年変わらぬ農家の営みに憧れる。
   
尾道から姫路、米原、大垣と電車を乗り換え東京へ。
豊橋駅の乗り換え時間は3分。間に合うようになっているが一本遅らせて次の浜松行きに乗る。
  
豊橋駅は数年前にリニューアルされて、改札内に食べ物を売る店が増えた。
JR系のコンビニでは土産物とならんで地元のお店が作る生洋菓子を置くようになった。小さな冷蔵棚には個包装された小さなケーキがあって、たまに買ってみる。丁寧に作ってあるような感じがしておいしい。コンビニの向かいには大あんまきの藤田屋もあって、豊橋駅は狭い構内にスイーツが充実しています。
   
尾道〜東京を在来線でなんども往復していると、立ち寄る店が決まってくる。僕は積極的に新しい店を開拓するタイプではない。何かのきっかけで新しい出会いがあると、小さな驚きでもって自分のお気に入りリストに加える。