2018年6月21日木曜日

名古屋鉄道犬山線扶桑駅 15:32





  

 
 
 
今日で生後6ヶ月になった赤ちゃんを抱っこさせてもらうとずっしり重く、この子の体はお餅でできているんじゃないかと思う。
 
泣く子は育つという格言の通りなのか夜泣きが多いそうで、ママの苦労がしのばれる。
 
前回お邪魔したのは3年前で、家を建てたばかりのときであった。
家具がほとんど何もない、がらんとしたリビングルームで夫婦の写真を撮ったのを思い出す。それから家具が増えて赤ちゃんがやってきた。当たり前のことだけど、二人と同じ時間を生きているんだなと思う。
https://miharayuu-monophoto.blogspot.com/2015/10/1053.html
 
撮影を終えると、3年前と同じようにチョコモナカジャンボをいただいて駅まで歩きながら食べる。デジャヴュではないが、時間が一瞬にしてくっついたような錯角を覚えた。

 
扶桑駅ホームの行き先表示器が反転フラップ式なので写真に収めておく。昭和時代からの「パタパタ」は徐々に数を減らしているから、名鉄にはこれを末長く使ってもらいたい。
 
そういえば、かつて家庭用の時計にも「パタパタ」が使われていたなあ。すぐにその形を思い出せる人は間違いなく昭和生まれです。
 
 
2015年10月