三原由宇出張写真室

2018年7月31日火曜日

赤穂線播州赤穂駅 19:28

  
 
 
 
18きっぷが使えるときは急いで帰らなくていい。長野から尾道までは約13時間。
姨捨駅から晴れ渡る善光寺平を眺め、塩尻から緑の木曽谷を下る。 
 
今夏はとにかく記録的な暑さであるらしい。
実際暑いのだが、いつもの夏と同じような気がする名古屋駅のホーム。大垣行きの電車を待つ ほんの5分程度の時間が長い。
 
 
米原行きの車内で老人グループがいて賑やか、というより若干うるさい。
子どもでも大人でも、一人だとおとなしいのに何人かが集まるととたんに騒々しくなるのは自然の成り行き。
 
かなり酒が入っているようで、「氷あるよ」などと いう言葉が聞こえるから、彼らは焼酎かウィスキーか濃い酒を持ち込んで飲んでいるらしい。
 
まあ、昔の東海道線とか常磐線の夜だと日常的に見られた光景だけど、最近では電車の中で酒盛りする人はめっきり減った。
 
酒を飲むくらいいいじゃないかと寛容さを示すか、それとも公共の乗り物なのだから節度を守れと不寛容を通すか。
 
不寛容を寛容すると結果的に寛容性は損なわれる。
だから多少うるさくても大目に見なければなるまい。僕も夜の山陽線でたぶん飲むだろうし。
でもおじさんたち、空き缶を椅子の下に放置したまま降りてる。それはダメだ。
 

篠ノ井線姨捨駅。

松本駅0番ホームにある「山野草」の冷やしそば。
わさびの代わりに、そばの上に乗っている野沢菜昆布がいいアクセントになっていて、これはおいしい。

中央西線名物「寝覚の床」



名古屋駅。ひたすら暑い。