2018年7月5日木曜日

山陽本線尾道駅 5:57

  
 
 

山陽本線尾道駅 5:57
 
尾道から奄美大島までどうやって行こうかいろいろ思案した結果、早起きして博多まで8時間電車に揺られることにした。
博多からは九州新幹線で鹿児島まで行く。鹿児島からはフェリーだ。
 
飛行機や船、電車やバスに嬉々として乗っているわけだけど、仕事しに行くので経費は抑えなければならぬ。福岡〜奄美大島間の航空路線があるが、復路だけにした。
 
仕事は結婚式の前撮りである。予約をいただいたのが、ちょうど2ヶ月前の5月6日。予約確定のメールを送りながら、奄美ならまだ梅雨の時期だなと思った。
 
前撮りと家族写真の撮影は、天候によってキャンセルしやすいように前々日までのキャンセル料金を千円にしている。当日が雨予報だと撮影キャンセルになる可能性がある。
 
飛行機を予約すると、早めに買った格安航空券はキャンセルで半額しか戻ってこない。その点フェリーならキャンセル手数料は数百円で済む。
 
そういうわけで、僕は鹿児島駅前のイオンで晩ごはんの弁当を買い込み、市電で鹿児島港へ向かう。
 
駅前の電停では、外国人夫婦の旅行者が電車に乗ろうとJR東日本のSuicaを読み取り器にかざしたが、エラー音ばかり鳴って乗るのをあきらめていた。
 
残念だが鹿児島で使えるのは地元規格のICカード「Rapica(ラピカ)」だけである。余所者は現金で170円払わねばならない、when you get off。と、彼らに説明する。