2017年11月23日木曜日

東急電鉄目黒線洗足駅 10:28 

  
 
 
 
10歳の娘の記念写真を撮るフォトグラファーの写真を撮る。
娘にいくらdisられてもニコニコ嬉しそうにしている彼女は間違いなくMの素質があるのだと撮りながら思う。

その彼女はときおり写真を撮りながらひたすらしゃべり続ける。話題は次々と変わってゆくが、よくそんなに話せるものだと感心しながら聞いている。彼女とは5年ぶりに会ったのだが、広告写真も手がけるようになった彼女の活躍ぶりには目を見張るものがある。僕は相変わらず同じことをやっていて進歩がない。
 
ずっと降り続く雨に閉じ込められたような街を歩いて電車に乗る。
スタジオで撮るような子どもの写真は、七五三が終わると成人式まであまり撮る機会がない。着物や袴姿でなくてもいい。10歳や15歳の誕生日という節目に撮っておくのはよいことだ。そういう文化が広まればいいなと思う。