2017年11月21日火曜日

京成電鉄京成本線大神宮下駅 11:40

  
 
 
 
七五三の撮影。
小春日和の陽射し。参拝者も少なくのんびりと写真を撮る。
女の子も人見知りすることなく、すぐに一緒に遊んでくれたので、何も問題なく撮影を終える。
 
だいたいいい写真が撮れたなと思って時刻を見るとまだ30分しか経っていなくて、七五三の撮影時間は30分でよいかもと思う。しかし、なかなか馴れてくれない子はそれなりに時間がかかるから、やはり1時間は必要だろうか。七歳で小学生の女の子の七五三なら、30分のスナップハーフプランでも撮影できます。
 
ここ数年、毎年必ず一回は訪れている神社であるが、今日はフォトグラファーが撮影している家族がほかにも2組いて、出張撮影が増えたなと感じる。
きれいな写真を撮るだけなら一眼レフカメラでなくてもiPhoneで十分だが、子どもが自然に笑った写真を撮るのは機械ではなく人間であるフォトグラファーの技量による。…でもまあ、そのうち、笑ってない顔も自然に笑ったように加工できるアプリとか出てくるんだろうなあ。