2018年4月14日土曜日

鹿児島本線折尾駅 14:36

  
 
 
 
久しぶりに折尾駅に降りたから、駅西口にある東筑軒のうどん屋さんに行くと土曜日なのにやけにお客が多い。
全国版のテレビで紹介されたらしい。初めて来た人が店のシステムをよくわかってなくて、食券を買うのに時間がかかっている。
 
かしわうどんを食べていると、小さな男の子に新生児を抱えた家族連れが入ってきて「あれ?ここ立ち食い!?」と驚いている。テレビを見て来たのだろうが、完全に店選びを間違えている。彼らはが行くべきお店は間違いなく「資(すけ)さんうどん」であってここではない。
 
もともと平凡な立ち食いうどん店である。カウンターだけで10人も入れば店の中はいっぱいになる。近隣のサラリーマンや学生が食べに来るくらい。それがテレビで紹介されるとにわかに客が増えてかえって混乱する。売上が増えるのも一時的だから業績にもほとんど関係がない。
 
東筑軒はうどんではなく駅弁が主力商品。ホームに上がると、駅弁売りの小南さんは健在で、相変わらず張りのある声で「かしわめし」を売っている。やはりテレビ効果でいつもより売れているようだ。「さっき踏切のとこで写真撮ってたでしょ」と言う。上から見られていたらしい。

2年前の小南さん。
https://miharayuu-monophoto.blogspot.jp/2016/02/1417.html
 

折尾駅は明治来の旧駅舎を壊して建て替え工事中。古いレンガの土台も残りわずか。小南さんもかつての折尾駅に愛着があるらしい。
 
列車が着くと、彼は「べんとーう」と声を出しながら以前はやっていなかった両手を前後にゆったり動かす踊り?をする。鶏の羽ばたきを表しているらしい。不思議な方である。
 
北九州市の折尾から、熊本の八代までは約3時間半。