2018年4月11日水曜日

従妹の娘二人が















 
 
 
従妹の娘二人が今春中学校と小学校に進学する。その記念写真を頼まれた。
僕には甥や姪がいないが、従妹の子どもはそれに近い間柄である。
 
4月10日は中学校の入学式。
彼女はどこかふわふわした感じで登校する。不安なような高揚したような落ち着かない感じ。
 
僕が初めて中学校の教室の椅子に座った日のことを思い出す。
そのうち慣れて落ち着いて日常化するんだろうけど、真新しい制服に身を包んだ日の感覚は、決して悪いものではなかった。
 
それにしても、入学式に集まった最近の中学生の身長の高さには驚かされる。
出かける前、彼女にクラスで一番背が高いだろうと言うと、懐疑的なリアクションが返ってきたのだが、その理由がよくわかる。
 
成長の早い女子は高校生に見えないこともない。女子だけでなく男子にもすらりと背の高い子が何人もいる。近頃の子どもはいつからそんなに発育がよくなったんだろう。
団塊ジュニア世代としては、なんだかちょっと悔しい。