2018年4月26日木曜日

山陽本線尾道駅 7:49

  
 
 
 
 
さいきん電車に乗るたび毎回言っているけど、野山の緑が美しすぎるんです。
いい季節である。居眠りをしても気持ちよいのだが、もったいなさすぎて景色を眺めてしまう。
 
水の入った田んぼが増えてきた。どこでも農家の人たちが忙しそうに働いている。そういえば農家の人たちには「週末」とか「定休日」というものがあるんだろうか。
 
明日は軽井沢で結婚式撮影があるので、近くの小諸まで行く。約13時間の道のり。

名古屋から中央西線で木曽路の景色を眺めるのは楽しい。中央線に乗る機会が少ないということもあるが、木曽川の渓流とともに、山村の佇まいがとても好ましい。家の庭先で、母親が小さな子どもと一緒に電車に向かって手を振っている。きっと彼女が子どもの頃にも同じように手を振っていただろう。
 
川を遡るにしたがって季節がしだいに戻ってゆく。桜が咲き始め、桃の花と混じり合う。仕事の手が止まっている。桃源郷とはこういう場所ではないかと 思う。電車に乗っている人たちはまったく関心なさそうだけど、僕はとても満足。
 
 








中央線中津川駅根の上そば





しなの鉄道篠ノ井駅