2018年4月7日土曜日

東京都台東区浅草 17:17


  
 
  
  
空はすんでのところで雨を降らさずにいてくれた。
境内の梅の木にはすでに緑の実が成っていて、そこに指輪をそっと乗せて写真を撮る。
 
昨秋に前撮りした二人が今日は紋付袴に白無垢姿になっている。
https://miharayuu-monophoto.blogspot.jp/2017/10/1643.html
  
想像した通り、新郎の着物姿は堂に入っている。お腹にタオルを巻くこともない。新婦が彼を見て「相撲の親方」だと言って笑う。そういう彼女も鬘がよく似合う。
  
湯島天満宮から浅草に移動して披露宴となる。参列者は全部で20人ほど。飲んだり食べたりするだけの和やかな宴席である。
 
写真を撮りながら、ゲストの会話を聞くともなしに聞いている。ときどき口を挟んでまぜかえす。仕事とは関係ないが、それで笑いがとれればいい。お開き近くになって新婦の父上が独り言のようにもらした言葉が聞こえてくる。「いやー、今日はいい日だ」
 
ハレの日のありがたさを感じる。
結婚おめでとう。末長くお幸せに。